パラフレーズで覚える英会話1

「paraphrase」の画像検索結果

1-A: まずは、センテンスを聞き、ディクテーションをしましょう。

1-B: 次に問題を聞き、正しいものにはT、間違いのものにはFを書きましょう。Fの場合は、どこが違うのかを先生が聞きますので、どこが違うのかを細かくまとめておきましょう。

1-C: 最後に前の文章を先生と一緒にパラフレーズしてみましょう。

 

2-A: まずは、センテンスを聞き、ディクテーションをしましょう。

2-B: 次に問題を聞き、正しいものにはT、間違いのものにはFを書きましょう。Fの場合は、どこが違うのかを先生が聞きますので、どこが違うのかを細かくまとめておきましょう。

2-C: 最後に前の文章を先生と一緒にパラフレーズしてみましょう。

 

3-A: まずは、センテンスを聞き、ディクテーションをしましょう。

3-B: 次に問題を聞き、正しいものにはT、間違いのものにはFを書きましょう。Fの場合は、どこが違うのかを先生が聞きますので、どこが違うのかを細かくまとめておきましょう。

3-C: 最後に前の文章を先生と一緒にパラフレーズしてみましょう。

 

4-A: まずは、センテンスを聞き、ディクテーションをしましょう。

4-B: 次に問題を聞き、正しいものにはT、間違いのものにはFを書きましょう。Fの場合は、どこが違うのかを先生が聞きますので、どこが違うのかを細かくまとめておきましょう。

4-C: 最後に前の文章を先生と一緒にパラフレーズしてみましょう。

 

5-A: まずは、センテンスを聞き、ディクテーションをしましょう。

5-B: 次に問題を聞き、正しいものにはT、間違いのものにはFを書きましょう。Fの場合は、どこが違うのかを先生が聞きますので、どこが違うのかを細かくまとめておきましょう。

5-C: 最後に前の文章を先生と一緒にパラフレーズしてみましょう。

 

6-A: まずは、センテンスを聞き、ディクテーションをしましょう。

6-B: 次に問題を聞き、正しいものにはT、間違いのものにはFを書きましょう。Fの場合は、どこが違うのかを先生が聞きますので、どこが違うのかを細かくまとめておきましょう。

6-C: 最後に前の文章を先生と一緒にパラフレーズしてみましょう。